スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1 May. 2007 (Tue.)

今日は祝日。
けど,いつもと同じように6時半出勤。
向かいのWat Boのお寺の行事に,6年生の子たちと先生方で参加。
7時半からのはずが,8時から,8時半から・・・
と延び延びになり,結局9時からになった。

待っている間,校長先生から無線で連絡が入る。
式典の中で,子どもたちにピアニカ演奏させてくれないかと。
チビ音楽隊は現在20名だが,今日は10名しか登校していない。
太鼓のチョーラーナーもお休み。
ま,なんとかなるかな。
音楽隊たちは大喜び。
ウキウキしてお寺に入ると・・・
真っ青になった子どもたち。
すごく大きな行事だったらしい。
テレビのカメラが何台も入っている。
州のお偉いさんが何人も来るらしい。

来賓入退場の際のBGMと,式典の中で,前に出ての発表。
「ねあっくる~~ッッ!!! 緊張して指が震える~!」
「間違えたらどうしよう~~・・・」
不安そうな子どもたちを笑わせるのに必死。
そして,昨日の雨でぬかるんだ地面にヒールが埋まってずっこける。
子どもたちは大爆笑。
こんなとき,ドジが役に立つ。

太鼓がいないのでリズムを取るのが難しい。
『ダエン・ダイ・クマエ』の,2つのパートがバラバラになって暴走する危険性が…。
一緒に前に出てタンバリンで拍子をとってあげようか?
私が太鼓をたたいてあげようか??

久しぶりにメチャクチャ迷った。
いやいや,ここは信じるところ!
自分たちの力でやり遂げれば自信になる!

「Wat Bo 小学校の生徒による 『ダエン・ダイ・クマエ』 の演奏 !!」
司会者の声にびびる子どもたち。
「『決まり』の三つ目なんだった??」
「リ~キリエィッ!!」
「そう。楽しんでおいで!」
演奏は何とか成功!
そしてなんと・・・州のお偉いさんから100$ の寄付金ゲット!!
これには先生方もびっくりだ!

みんなとびっきりの笑顔で戻ってくる。
一人ひとりハグ♪
メチャクチャ褒めてあげた。
全員で演奏できなかったのは,私としてはとても残念だったけれど…。

行事はいつも突発的に入ってくる。
計画的に準備ができるといいのだけれど・・・
ま,これもカンボジア。

子どもたちの力はすごいなぁ・・・。
突然の発表,しかもあんな大きな式典で。

その後,だらだらと色んな人の演説が続き,結局終わったのは12時。
サレン先生から,お昼を作って待っていると何度も電話があった。
猛ダッシュでサレン先生の家へ。
先生特製のノンバンチョ。
食べながら日本語とピアノとギターを教える。

1時。
そのまま学校へ戻る。
日曜,祝日はロアッ先生,シヴォン先生のピアノ指導をするのが定番になった。

シヴォン先生は子どもが2人。
家は空港の近くで,メチャクチャ遠い。
それでも,休みの日は必ずピアノを習いたいと言う。
誰よりも真剣に練習する彼女に,教えるのが苦痛と感じたことは一度もない。
「ちぃの休みをいつも奪ってごめんね。」
そう言って,タック・ドーンを買ってきたり,ノムを買ってきたり。
ボンアエムを作ってきてくれたりもする。
クメール暦だと33歳。
ホントは32のはず。
おっとりとした彼女の話し方が好き。


4時。
実習生たち7名が遊びに来る。
楽譜が増えているので大喜び。
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 21:02 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。