スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

26 Apr. 2007 (Thu.)

朝。
マレーシアからお客さん。
教育省のお偉いさんたち20名ほど。
チビ音楽隊の出番。
一週間前,歓迎の演奏をさせてほしいと,校長先生に頼まれた。

持ち曲も4曲になって,なかなか上出来。
この一週間で,新曲『ダエン・ダイ・クマエ』と『スバエチャンティー』2曲をマスターした。
お正月休みの間に,先生方に歌ってもらって作成した楽譜たち。
子どもたちは,あっという間に覚えてしまう。
早く次の楽譜を作らねば!

マレーシア人たちも,子どもたちの演奏に相当驚いていた。
得意げに私を紹介する校長先生。
そして質問攻めにされる。
カンボジアの学校のことや,私の活動について。
英語がさっぱり分からない校長先生だけど。
私が彼らとしゃべっている姿を,本当に嬉しそうに見つめていた。

お客さんが帰った後,
「彼らは何て言ってたんだい?」
「チイはなんて答えたんだい?」
またしても質問攻め。

放課後,教員養成学校へ。
昨夜,トゥーアンから電話が。
みんな,すごく会いたがっている。と。
毎日毎日ネアックルーの話をしている。と。
こっそり会いに行って,驚かしてやろうって思いついた♪
下校のチャイムで猛ダッシュ。
みんな帰ってしまったら意味がない。
ので,モトの運ちゃんにぶっ飛ばしてもらう。

養成学校の前には学生がいっぱいいた。
モトのお金を払っていると・・・「ネアックルーだッッ!!!」と歓声。
興奮状態のみんなに抱きしめられて潰れる。
「ネアックルー今から時間ある?」
「うん,大丈夫だよ。」
「ネアックルーと一緒にアンコールワットにダー・レインしたい!」
「レッツ・ゴーッ!!」
ということで,時間のある学生たちとアンコールにピクニック。
18時なので当然外堀。
チャリ6台。全て2ケツで出発。
軽く6~7kmはあるんですけど。
私は後ろに座って,ひたすら「がんばれ~!」と言っていた。

ゴザの上にタナオの実や,タック・オンパウ,白飯,焼き鳥を広げて,みんなで囲む。
久しぶりの再会。
心温まるひととき。

「放課後,時間のあるとき,Wat Boに行ってもいい?」と実習生たちが言う。
ピアニカをもっともっと教えてほしいと。
「もちろんッ!」

養成校とWat Boはかなり離れている。
そして彼らの仮住まいまでも,10kmほど。
それでもピアニカを習いたいという意欲。
なんぼでも協力してあげたくなっちゃう♪
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 20:57 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。