スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

13 Mar. 2007 (Tue.)

朝。声が出ないッ!
かなりあせる。
ここんとこ,ずっと一日中歌い続けている。
できる限りのでっかい声で。
『かえるの合唱』をこんなに熱唱したことは,今までの人生にはなかった。
イソジンの出番。
50回くらいうがいして出勤。
なんとか声が出るようになったと思ったら…。
1時間目の体育で,オカマちゃんに逆戻り。

午後。子どもへのピアニカ指導3回目。
できたッ!
『かえるの合唱』!
何とか4拍子をキープして,9人揃って最後まで通すことができた!

これはすごいことだ。
彼らの中に,4拍子って感覚は存在しない。
リズム感が「ない」んじゃなくて「違う」んだと思う。
だから,私はクメールダンスが踊れないんだ。ということにしよう。

子どもたちは,この練習時間をメチャクチャ楽しみにしている。
「4時から」と言えば,3時には集まっているし。
「3時から」と言えば,2時には集まっている。
『ドレミファソラシド』の指使いを覚えたときの,あの得意そうな顔!

音を出していいときと,ダメなときの合図。
言葉で通じないときのために,一応,視覚的な小道具も用意しておいた。
が,全く必要ない。
子どもたちが察して,「静かにッ!」と,声を掛けてくれる。
その子を褒めまくり,「助かるなぁ~,ありがとう。」とお礼を言う。
すると,みんな,お互いに声を掛け合うようになる。
自然と子どもたちの中に,音楽を学ぶ際の『ルール』ができていく。
こういうのが楽しいんだよな~。

カンボジアの先生たちは,すぐに一喝してしまう。
きっとこの楽しさを知らないんだ。

夜。クメール語の先生を探していた私に,隊員が自分の先生を紹介してくれた。
職場の先生たちも,いつも熱心に教えてくれるのだけれど…
クメール語をクメール語で説明するんじゃ,細かいニュアンスがなかなか理解できない。
紹介された先生は,日本語も英語も達者。
毎週月曜の夜,18:00pmから1時間頼むことになった。

最近,少し伝わるようになってきたのと,伝わらないことに慣れたのとで,勉強をサボっている。
気合を入れねば!!
スポンサーサイト
[ 2010/07/03 17:43 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。