14.Jan. 2007 (Sun.)

朝。8:00am起床。
シャワーを浴びて下へダッシュ。

9:00am~11:00am 教育分科会。
カンボジアに散らばっている教育関係の隊員たちが,それぞれの悩みを持ち寄る。
年に3~4回行うらしい。
まだ始めたばかりの企画。
本日のテーマ。
『情操教育について』。

日本であっても,『情操教育』は位置づけ,意義ともに非常に難しい分野と思う。

2時間ほどの学習会。
とにかく,こっちの現場の先生方には受け入れられないということ,
活動が非常に困難であるということ がわかった。

こっちの人のここがおかしい。
先生方が無知。
受け入れ態勢が悪い。
どんなに頑張っても浸透しない。
よくサボる。
怠ける。
思いやりがない。
等々。


学習会じゃなくて愚痴集会。
お互いの悩みを分ち合おうという趣旨かもしれないが・・・好きじゃない。

自分はまだ任地にすら入っていない。

先入観は持たずにいきたい。
まずは子どもと関わろう。
現場の先生方から学ぼう。
先輩たちが言うように,きっと疑問に思うことはいっぱいあるだろうけれど・・・。
自分の目で見て,自分で感じて,そして考えよう。
自分に何ができるのか,本当に必要としていることは何なのか。
現地の人たちと関わり合い,話し合いながら見極めていこう。
そこから始まる。 はず。

昼。同期と2人でクイッティウ。
洗濯をしてからモト・ドップに乗ってプサー・トマイへ。
「そーむ ろーい・・・」
足がない。
うしろめたく目をそらす。
うーん・・・。

夜。別の同期と2人でソムロー。
ひとり2000リエルの夕食。
40円くらい?
「そーむ ろい。」
今夜は40歳前後の男の人。
「そむと。そーむ たう。」

お金は渡したくない。
もったいないからじゃない。
一時的な感情でお金を渡すことで彼を救うことはできない。
と思うから…。

逆に自立の妨げになっては…とも思う。

この国のためにできることが,私たちにあるのかな。
スポンサーサイト
[ 2010/07/01 16:48 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL