6 Mar. 2007 (Tue)

7:40am,2年生の体育終了。
この時点でもうぐっちゃり。
あぢ~。
まぢで。
何℃くらいなんだ?

今日やること。

1.教育実習生のピアニカ指導の計画を作ること。
数日前,ピアノをどうしても教えてほしいと,大勢でお願いに来た。
学生たちも忙しい。
できるとすれば,昼休みと放課後か…。

2.音楽の授業の『ルール』を,掲示用にマニラボールに書くこと。
① 音楽の授業の前に…必ず石鹸で手を洗う,口をゆすぐ,爪を切っておく。
② 音楽の授業中…絶対にものを食べたり,飲んだりしない。
③ 音楽を楽しむこと!!これが一番重要。
その他 ・使ったピアニカのホースは,きれいに水で洗いましょう。
・使う前に必ずホースを拭きましょう。
・楽器は大切に扱いましょう。   等々。
3.クメール文字のドレミで楽譜作り。

4.音楽授業の小道具作り。

と,予定は立ててみたが…
やっぱりね!

朝から私の小さなオフィスの中には,絶えず5~6人の先生がいる。
ピアノに夢中。
先生方には早く覚えてもらわなければ,子どもたちへの指導も遅れる。
やる気のうちに,どんどん教えちゃおう!

私が唯一知っているカンボジア・ソング『ARAPPIYA』。
カンボジアでは誰もが知っている曲。
これを先生方が弾けるようになったら,どんなに喜ぶか!
って,昨夜,布団の中で思いついた。
クメール語の歌は,難しすぎまくる。
ベッドの中で熱唱。
50回くらい歌ったけど,まだ,いまいち発音できないところが。
近所迷惑だったかも?

先生方は,予想以上に大喜び!
3人の先生が最後まで弾けるようになった!!
こんなにも夢中でピアノの練習をする大人って,今まで見たことないなぁ。

カンボジアには,歌が苦手な人がけっこういる。
音が全くとれない。
ドレミファソラシドを,正しく口ずさむことができない。
大したことをしてないような日本の音楽指導だけど。
小さいときから皆で歌ったり,音楽を聴いたりするってことは,すごいことなんだと思った。

一日中歌いまくって喉がカピカピ。
Tシャツは乾く暇がない。
常に流れている汗が目にしみて痛い。
みんな帰った静かな学校で,ようやく3分の1だけ『今日の予定』が片付いた。

外に出ると,実習生の男の子たちが何人か,校庭に水をまいている。
帰らないのかと尋ねると,学校の物置部屋に寝泊りしてるんだと。
貧しい地方の学生で,泊まるところがない子たちだ。

「校長先生のおかげで,ここで寝泊りさせてもらってるんです!」
そう,嬉しそうに言う4人の実習生たち。
水撒きついでに自分もシャワータイムらしい。
私を見つけると,「ネアックルー・ちぃ!!」と言って,駆け寄ってくる。
水まきのお手伝いをしながらおしゃべり。
夜の寺子屋での日本語講習は,しばらくお休みさせてもらうことにした。
ので,今日は実習生に付き合う。

ピアニカをちょっと教えて,その後は校庭で円陣パス。
ボールじゃなくて,羽のついたオモチャで。
それだけで,大盛り上がりの学生たち。

ほんと,かわいすぎまくりなんだよな~…。
スポンサーサイト
[ 2010/07/03 17:39 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL