スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

28 Feb. 2007 (Wed.)

今日のお昼も校長先生宅へ。
奥さんから,ソムロー・コーコーとボンアエム・トロソッ・トムを作って待っていると電話が。
校長先生のモトの後ろに乗って出発。
昼どき,6号線は大渋滞。
最近どんどん暑さがパワーアップしている。
ソンボットまでベッチャリだ。

午後の部5時間目,体育終了間際。
「ち~~ぃッ!!」という声が聞こえる。
校長先生,2人の教頭先生,秘書のおじちゃんたちが校長室の前で呼んでいる。
走っていってみると…。
校長室と教室の間の隙間の引っ込んだ部分に,扉を付けただけの,小さな部屋ができている!
「ちぃのオフィスだよ。」
と校長先生。
中に入ってみると,机と椅子が用意されていた。
「明日,電気をつけてあげるからね。扇風機を置かないと,ちぃは溶けてしまうね。」

なんてことッ!?
昨日からこそこそ話したり,業者に電話かけたりしてたのはこのためッ!?
胸がいっぱいになって,言葉が出ない。
先生方が私の周りに集まりすぎて仕事が進まないことを,校長先生は知っていたんだ。

めっちゃ頑張ろうッ!!
改めて,自分の心に誓った。

放課後は,6時からいつものようにワット・ボーのお寺で日本語授業。
その後,Soth先生にも日本語授業。

まず寝よう。
うん,そうしよう。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 18:44 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。