スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

25 Feb. 2007 (Sun.)

今日は日曜日♪
なのに,今朝から携帯が鳴りっぱなし。
色んな人たちが誘ってくれる。
その優しさがうれしい。
ありがたい。
でも,今日はSavun先生とSoth先生との約束の日。
Savun先生がご馳走を作って待っている。

10:00am。Soth先生がモトでお迎え。
2人で市場によって,お土産の果物を調達。
家の前で,飛び跳ねながら手を振って待っているSavun先生。

家に入ってびっくりした。
兄弟と3人暮らしだって聞いていた。
一つしかない8畳くらいの部屋に,ダブルベッドがこれまた一つしかない。
水シャワーつきのトイレの横に,ガスコンロが一つあるだけの小さなキッチン。
ここに,3人で暮らしているんだ。
妹,弟ともに20代の学生。
妹はバイトをしながら大学へ。
弟もバイトをしながら専門学校へ。
長女のSavun先生が,午前と夜,合わせて6件の家庭教師をして,2人を養っている。
ちぃのアパートが決まるまで,4人でここに暮らさないか,と言ってくれる。
タケオの田舎の両親のために,シェムに家を建ててあげたいと。
日本に行く夢は叶いそうにないと。
そんな話を聞くと,胸がいっぱいになる。

Soth先生は,病気のおばと二人暮らし。
激貧らしい。
朝も夜も,家庭教師と塾をしている。
お父さんは,1977年にポル・ポトに殺されている。

昼食後,20㎞ほど離れたところにあるBarayへ。
シェムで唯一海水浴ができる場所。
あ。もちろん海じゃなくて湖だけど。
モト2台で出発。
モトなのに,3人でおしゃべりできるところがすごい。

Barayに着くと,大勢の地元人たちで賑わっている。
最近若者の間で,とても流行っている場所なんだとか。

暑いッ!
眩しすぎて目が開けない。
裸足になると,足の裏が焼けそうだ。
みんなは裸足なんだけど…。

ちょっと涼しくなるまで,ハンモックでくつろぐことに。
マンゴーを食べながら,2時間ほどおしゃべり。
4時頃,「涼しくなったから,そろそろ泳ごう!」とSavun先生がはしゃぐ。
涼しいかぁ??
Soth先生は,荷物を見張るためお留守番。

こっちの文化に,水着なんてものはない。
サロンを借りて,その場でTシャツ短パンに着替える。
水はぬる~い。
けど,きもち~い♪
借りた浮き輪につかまって,2人でかなりはしゃぎまくる。
かわいそうに,Soth先生は最後まで見張り番。

帰り道,道端のスイカの山。
値切るときのSavun先生,いつもの彼女の面影はない。
激しいバトルが繰り広げられ,3個で4,000リエルに落ち着いた。

夕飯も一緒にって,強く勧めてくれる。
プサー・チャッに寄って食材を買い込み,再びSavun先生宅へ。

今日は一日遊びまくった。
みんなのあたたかさに感謝。

22:00pm 帰宅。
そのままネットカフェへ直行。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 18:17 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。