スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

23 Feb. 2007 (Fri.)

午前。 低学年のクラスを回って,子どもと一緒に国語の授業を受ける。
高学年のでは難しすぎる。

昼休み。
紹介された不動産屋さんと家を見に行く。
モトで6件回ったが,目ぼしいのは1件だけ。
あとの5件はみんな遠い。
3件見つけてJICAに連絡,PPからセキュリティーチェックが来て,OKが出れば決定。
あと2件か…。
きびしいなぁ。
午後の部に戻ると,校門の前で一人の先生が待っていた。
親戚の家を見に行かないか,と。
学校のすぐ裏。
なかなか素晴らしい家だった。
彼女の家はすぐ隣。
「ちぃがここに住んでくれたらメチャクチャ嬉しい!」って。
そんなふうに言ってくれて,こっちの方が嬉しいわよ~。

これで2件目みっけ。
あと1件!

空き時間,郵便局に行くことにした。
EMSがそろそろ届くはず。
モト・ドップで行こうとしたら,「暇だから」と,4年生の先生がモトで連れて行ってくれた。
届いていた!一箱だけ。
「もう一つあるはずなんですけど…?」
「まだ着いてないんじゃない?」
「う,うん…。」
同時に送ったって,こっちではよくある話。
まだだって言うんだから仕方ない。
中を覗くと…ピアニカだッ!!
そのまま学校へ戻る。
『モトを運転する先生,荷物,私』の順で乗る。
こんな大きなダンボールでもいけちゃうのね。
モトってすごい。

学校に着くと,あっという間に先生方が集まってきた。
箱から何か取り出すたびに,歓声がおこる。
一緒に送ってもらった本たちを整理してる間に,先生たちはピアニカを広げる。
そして,「ちぃ,このピアニカ壊れてるよ!!」って,大騒ぎになっている。
ホースを付けて弾いてみせる。
「うぉ~ッ!」と歓声。

父と母に心から感謝。
みんなの喜ぶ姿を見せてあげられないのが,残念。
来週から先生方への講習ができるかな。

夜。 JICA本部の方たちとお食事会。
東南アジアを仕切っているお偉いさんと所長が来るとか。
シェム隊員は,接待も多いらしい。

ヴィクトリア・アンコールホテルのフレンチレストラン。
日本でだって,こんなすごいところに行ったことなどありませぬ。

睡魔と闘いながら,21:30pm帰宅。
うーん,やることが山積みだ。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 17:54 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。