スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

22 Feb. 2007 (Thu.)

朝。
目が腫れて開かない。

昨日,母から,教え子が良くないと聞いた。
なんで,彼がこんな思いをしなくちゃいけないんだろう。
クラスで誰よりも運動の好きだった子が,運動のできない身体になるなんて。
生き生きしてる顔しか思い出せない。
やんちゃ坊主のくせに,みんなに優しくって,いつもさりげなく気を遣う。
そして,どんなときも周りを明るくする力を持っている。

「先生になって,千草先生みたいに子どもと遊びまくりたい。」
目をキラキラさせてそんなことを言っていた彼。
今,どんな目をしているだろう。

すぐに飛んで帰って元気付けてあげたい!と思う。
けど,会ったところでどうする?
私には何もできない。と思い知る。
結局何もしてあげられないのかな。

服が破れていたって,裸足だって,ボロボロのボールしかなくたって・・・
元気に動けるってことが,どんなに幸せなことなんだろう・・・。

木曜日は会議の日。
午前中は午後の先生が集まり,午後は午前の先生が集まる。
図書室での学年部会の後,会議室で校長先生,教頭先生の話。

午前中の学年部会に参加。
普通に世間話をしているようにしか見えない。
1年生の先生たちに引っ張られ,一緒に座る。
絵本を出したと思ったら,私の読みの練習のためだった。
音読開始から30分後,外で「チ~ィッ!!」と呼ぶ声がする。
大きいほうの教頭先生。
「校長先生たちと朝ごはんに行くよ!」って。
まぢ?
会議中なんですけども。

食事に行っても校長先生はちゃんと仕事をしている。
知人に会っては愛想よく話をする。
そして,寄付金の小切手をもらってきたりする。

木曜の授業は,ほとんどが,お坊さんのお説教。
聞いてもわけがわからない。
ので,実習生たちとたわむれていた。

午後,全体会議に参加。
校長先生の話。
熱く語る。
いつも私と話すときのような,ニコニコした感じはない。
けど,時々笑いもおこる。
今まで見てきた,どうでもいいような校長の話とは,全くもって違う。
日本の管理職たちに見せてあげていなぁ。

・今日もらった寄付金の使い道ついて
・衛生について
・JICAの支援と今後の学校方針について

要点はこの3つ。だったと思う。

寄付金は,半分を電子ピアノにまわすことになった。
残りは,先生方が生活に困ったときに貸すお金,ということに。
また,市から出たお金で,この学校に通う最も貧しい60人の子たちに制服を用意することになった。
最後に,近いうちに楽器が数台,日本から届くことが伝えられた。
「楽器や体操着の寄付を呼びかけるため,ネアックルー・チィが,日本にメールを送ってくれている。
楽器で新しいことを教えたら,子どもたちはどんなに生き生きするだろう。
体育のときに運動着を着ていたら,もっといろんなことができるし衛生的でもある。
と,チィが言っている。」 等々。

余計なことも言った。
私に気を遣っているのか,本気でそう思っているのか。
「ネアックルー・チィを見てごらん。
会議中,真剣にメモを取りながら,一生懸命聞いている。
こういう人がいっぱいいるから,きっと日本は素晴らしい教育ができるんだ。」
等々,べた褒めされて恥ずかしい。
メモを取っているのはクメール語ができないからだし。
日本で,会議中に校長先生の話をこんな真剣に聞いたことないし。
日本の教育が,特別素晴らしいとも思わないし。
先生方はどう思って聞いているのかな。
そして終わりに,モノマネする校長先生。
「味の素~ッ!ハイッ!」
こっちのTVのCM。
大爆笑の中,会議終了。
うまいなぁ。
夕方,校長先生の奥さんが学校に来た。
「コンニチワ!」と日本語で挨拶してくれる。
平仮名で「こんにちは」,「やさい」と書いて見せてくれる。
先週教えた文字たち。きっと必死で勉強したんだ。

放課後,何故か2人の先生に捕まり,校庭でモトの運転の特訓。
37才女性,午後の部1年生担任のSavun先生。
彼女は本当に本当に優しい。
いつも私から離れず,クメール語をクメール語で通訳してくれる。
もう1人は30才男性,午後の部6年生担任のSoth先生。
今,英語とフランス語の猛勉強中。もちろん独学。
空き時間は必ず私を捕まえ,日本語の勉強。

こっちのバイクはほとんどがパタパタ式。
今までマニュアル式のバイクしか運転したことがない。
ので,とりあえずエンスト。
大喜びの2人。
日曜日,この2人がどこかに連れて行ってくれるらしい。
Savun先生からは,ずっと前から予約が入っていた。
「来週の日曜は,うちにご飯を食べに来てね!」と1週間,毎日言い続けている。
シェムの町を案内してあげるからって。

カンボジアに来て,いい人にしか出会ってない気がする。
悪い人がいっぱいだから,気をつけなさいってよく言われるけど…
そんなことはないと思う。
チョービーに教えてあげなくっちゃ。

今まで通り,信じるところから始めていきたい。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 17:53 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。