スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

家庭訪問記録より ~ 2012年 その1 ~


トロー・オンドーン小学校。
12才の少女が全く学校に来ていないとの報告を受け,家庭訪問に。

両親,祖父,6人の子どもたち,計9人家族。
家はなく,遠縁の親戚の家の軒下で暮らしている。

P1010119.jpg  P1010020.jpg  P1010045.jpg 


家の裏にあった井戸は壊れて使えなくなってから数年経っていた。
遠くの井戸まで水を汲みに行くことは稀で,
近くの小さなため池の水が生活用水となっている。
乾季は水浴びをすることも少なく,肌がひどい状態になっていた。

P1010029.jpg     P1010033.jpg
  (壊れた井戸)    (子どもの肌がこんな状態に…)

P1010144.jpg     P1010191.jpg
(アナコットで,壊れた井戸の部品を使い新しい井戸を設置しました)



お母さんは野原に生えている食べられる草や野菜などを探し,
市場に持って行って販売する。

子どもたちも,母の仕事の手伝いや自分たちの分の食糧採取で忙しい。

お父さんは日雇い労働で殆ど収入なし。
さらに…日々知人たちに誘われてお酒を飲み,アルコール依存症。
先日,よろけて火を焚いているところに転がり,
身体に熱湯を浴びて大やけどをしてしまった。
別の日雇いの仕事を見つけてきてあげたが,これでは仕事ができない。

12才の少女5年生,将来の夢は仕立屋さんになること。
8才の少年2年生,将来の夢はバイクタクシーの運転手になること。
今年度からこの2人の就学支援が開始された。
里親会から支給された教科書や制服,文房具,
生まれて初めてもらった新品の自転車に目を輝かせ,
毎日元気いっぱい登校している。

P1010721.jpg     P1010057.jpg  


――――――――――――――――――――――――


家庭訪問はもともと,子どもたちの実態把握のためにと始めたことだったが,
今は保護者への指導をすることがメインとなっている。

家族を養う責任感をもつこと。
仕事をするように促すこと。
家庭での教育(しつけ)を行うこと。
子どもを学校に通わせること。
愛情をもって子どもたちを育てること。…等々。

健康状態,衛生状態,栄養状態,経済状態,児童虐待。
家庭訪問に行けば必ずと言っていいほど何か問題が起こっている。

カンボジアの人たちが少しでも自分たちの力で改善していけるよう
これからもできる限りの応援をしていきたい。

――――――――――――――――――――――――

 みなさまへお願いです 
 
現在,あと8名分の子どもの里親が必要です。
どうかご協力お願い致します。
詳しくは 『アナコット里親会』 のページをご参照ください。

Anacott_Foster Parents Club



にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
スポンサーサイト
[ 2012/11/08 21:32 ] 里子家庭訪問記録 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。