FC2ブログ

10 October, 2010(Sun)

恐怖の大洪水。

昨日夕方からものすごい雨が降り続け…
ずっとずっと滝のような雨。
深夜2時,小児病院(クーが入院中…)の周りでも膝くらいまでになった。
こりゃあ,ワット・ボー地区は最悪だ。
宿直の先生に電話をしたら案の定。
校庭は完全に湖。
校舎の中にも浸水,既に10センチくらいだと。
どんどん上がる水位にかなりテンパった様子の宿直。
雨と雷の音で電話が全然聞こえず,とりあえず大至急学校へ。

学校近くに来ると道路は完全に川と化している。
バイクでは進めそうにない。
途中のゲストハウスに置いて歩いた。
滝の中を腿まである水を漕いでいくので…進まない…進まない…。
何度も転んでようやくたどり着いたら…
校内の電気がばっちりついてて…こっちが焦る。
「死にたくなければまず電気を落として!!」
指示を受けてはっとした宿直の先生。
2人で泳ぐようにして主電源を切りに向かった。

洪水のときの死亡事故は溺死ではなく感電死が圧倒的。
こんなときに限って停電してないなんて…。

電化製品と,棚の下のほうの書類を非難させる。
その間にもどんどん水位が上がってくる。
深夜だったが校長に電話し,他の男の先生方も呼んで…
何とか被害を最小限にとどめることができた。


さすがに3日寝ないと人はけっこう限界にくる。
そのままクーの病院に戻ったら,全身ずぶ濡れのままフロアで爆睡してしまった。
目が覚めてびっくり。
心配したお医者さんが点滴と傷の処置までしてくれてたらしい。
小児病院なのに…申し訳ない限り。

とにかく,文字通り嵐のような一日が過ぎ。
今朝クーは無事退院。
とりあえず全てひと段落。


午後学校の様子を見に行くと,子どもたちがイカダを作ってくれた♪
流れてきた廃材と発泡スチロール,ペットボトルなんかを上手に繋いである。
昨夜の傷が腫れてスネが太ももくらいになっている私の足を気遣って。
我が家の子どもたちは至れり尽くせり。
マーリッは 「栄養を摂らなくっちゃ」 と,張り切って料理を作ってくれた。
タエレアンは一日中消毒液を持って追いかけてくる。
クーはあまり動けない私にまとわりついて嬉しそう…。



日が出てるから水位も大分引いてるし。
今回は川がぎりぎり氾濫しなかったから,昨年ほどはひどくない。
しかし…気になるのはさっきのラジオ。
「100キロくらい先の川上の方でも大雨があり,
 シェムリアップ川の水位はこれからあがる」と…。

その前に引きこもりの準備をしなくっちゃ!。
これから米とインスタントラーメンと木炭を調達してこよう。

川が氾濫しなくても,この分だと学校は3~4日お休みだし。
洪水だから家庭訪問は不可能なので。
たまった仕事が片付けられるかも♪
家の大掃除もできちゃうかも♪
久しぶりに子どもたちと遊びまくれちゃうかも♪♪♪

------------------------------------------------------

応援いただいている皆さま,長い間ブログをさぼってしまってごめんなさい。
来週中に最近の様子アップします!
絶対の絶対に!!




にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

スポンサーサイト



[ 2010/12/16 22:17 ] 日記 2010 | TB(0) | CM(1)
わあ~~いお帰りなさい!
お元気にご活躍とは思っていましたが
超激務の日々、体調崩されていないかと案じておりました
まずは、現場が大事です 現場は学校です
日記は後々で 問題無しですから
嗚呼!良かった 里親会少しは軌道に乗ったのかしら?
子どもたちはどうしてるかと 思い出しています

洪水にクーの入院と大変でしたね
まあ、ぼちぼちとおねがいしま~~す!v-274v-273
[ 2010/12/18 07:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL