12 July. 2010 (Mon.) 後編

約束の11時を回った。
母親は現れない。
電話も出ない。
「おそいね。」
ピッセインが言う。
「おそいね…。」
ピッサイが涙目で答えた。

母親がまさか11時に現れないなんて…
予測していなかった。
「よかったね,お母さんと暮らせることになって。」
だなんて。
何てうかつなことを言ってしまったのか。

12時半。
とりあえず子どもたちを家に連れて行き,食事を取らせる。
心身ともによっぽど疲れているのだろう。
食事を取りながらうとうと。
2人を寝かせ,マーリッに頼んで,私は学校へ戻る。
母親は現れない。
さすがに心配になり,サーヴェー先生に家を見てきてもらった。
そして,「家には行っていない」との連絡を受ける。
荷物をまとめに行ったのではないのか。
何か事故でも起こったのか。
まかさ逃げ出したのでは…。


昼寝から目覚めた2人をマーリッが学校に連れてきた。

17時,下校時間になった。
が,まだ母親は現れない。
2人がピアニカでキャッキャと遊んでいる。
もし母親が来なかったら。
2人に何て言えばいいのだろう…。

時間だけが過ぎていく。

19時,日が暮れた。
とりあえず家に連れて行こうか…
そう思って外を見た。
母親が歩いてくる。
やった!
戻ってきた!!

服を着替え,髪を結いなおし,こってりメイク。
「あぁ!私の息子!」と両手を広げる。
朝と同じ。
涙目で息子たちを抱きしめる。

「11時に迎えに来るはずでしたよね?
電話も繋がらなかったし…一体どこへ行っていたのですか?」
「ちょっと…迷子になって。」
「・・・・・・。」
言葉が出ない。
どんな言い訳だよ!

「子どもたちがどれだけ不安な思いをしたか…せめて電話くらいくれれば…。」
「あら,心配したの?ごめんね~。」と,子どもたちの顔をさする。
「お母さんはちょっと忙しかったの。もう大丈夫だよ。」

この母に子どもが守れるだろうか。
またすぐに子どもを捨てるのではないか。
不安がいっぱいに広がる。

どんな母でも,子どもにとってはかけがえのない母。
お腹を痛めたかけがえのない子ども。のはずである。

私にできることはない。




ピッセインが描いてくれた絵。

胸が苦しくてしょうがない。
悔しくて悔しくて。
何もできないちっぽけな自分に腹が立つ。


母の手を握り去っていった2人の小さなうしろ姿。
曲がり角のところで振り返った。
「ねあっくる~!!」
元気いっぱいの笑顔。

見えなくなるまで手を振ってくれた。



しあわせになってほしい。
絶対に絶対に。
苦しみを乗り越えて前へ進めるように。
母のいっぱいの愛に包まれることを。
希望にあふれた未来が2人を待っていることを。

心から心から願う。


blog_diary_002.jpg




にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ

スポンサーサイト
[ 2010/08/09 16:19 ] 日記 2010 | TB(0) | CM(5)
取りあえずよかったですね
取りあえず、お父さんから離れて虐待されなさそうでよかったですねカンボジアには児童相談所みたいなところはあるのですか?やはりその様な余裕(?)は無いのでしょうか?
[ 2010/08/10 00:03 ] [ 編集 ]
タロさん
地元の人権保護団体はいくつかあります。
海外の支援団体などはたくさんあります。
国としては重要課題に挙げてはいても,実際あまり動いていないようです。
児童労働,虐待,人身売買等子どもの人権問題は早急に手を打ってほしいのですが…
まだまだ海外の支援に頼っているのが現状ですね…。
[ 2010/08/10 23:25 ] [ 編集 ]
悲しいです
母親がわが子を連れて帰ってくれて、ほっとしました
しかし、繰り返されるような気がして心配です
「衣食足りて礼節を知る」といいますが、生きるために男を次々に探さなくても良い環境が早くできるといいのですがね
いま、日本でもわが子を虐待死させる親達が、やたらとニュースになります 悲しいです
マーリッ、タエリアン、クーの優しさに癒されますね
[ 2010/08/11 02:29 ] [ 編集 ]
山根さん
そうなんです。
きっと繰り返される…私もそれだけが気がかりでなりません。
うちの3人の子どもたち,それぞれに苦しみを乗り越えてきたので,
その分ひとにやさしくできるのでしょうか…。
[ 2010/08/11 18:37 ] [ 編集 ]
お元気そうで何よりです。
お元気そうで何よりです。
活動の写真を拝見しました。10年前と全然変わっていませんね。
海外でがんばっておられること、いかにも田中さんらしく思えて嬉しく思います。
(自分の汚点だらけの生き方が恥ずかしくなってしまいます)

応援しています。あまり無理をせずに。
[ 2010/09/06 12:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL