スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10 Feb. 2010 (Wed.)

最近の日課。
5:00am,時間差でかけてある6個の目覚ましがけたたましく鳴り続ける。
5:15,なんとか起床。
寝ぼけたまんまキッチンへ直行。
朝ごはんを作っているところに子どもたちが起きてくる。
「オハヨゴジャイマッ。」
みんなのかわいい笑顔で新しい一日が始まる。

順番に水浴びを済ませ,「イーターダーキーマッス!」
みんなが朝食中に猛ダッシュで水浴び&身支度。

中1のマーリッとソッパルは6:00から塾があるので一足先に出る。

6:30出勤。
小1のクーと小6のタエレアンと一緒に登校。
時間がないときは私とモト3人乗り。
校門をくぐってそれぞれの教室へ。
「イテキマーッス!!」と,いつまでも手を振り続ける。
2人を見送り私は校長室へ。

11:00,午前の部の授業終了。
クーとタエレアンが校長室へ迎えに来る。
11:30,一度帰宅。

昼食準備は当番制。
マーリッは激ウマ野菜炒め。
ソッパルは空芯菜炒め。
タエレアンは目玉焼き。
クーはチャーハン。
最近それぞれが極めた唯一のレパートリー。

昼食は半日の報告で盛り上がる。
笑いすぎておなかがいっぱい。

12:00,また猛ダッシュで学校へ。
午後はマーリッとソッパルが中学校へ。
クーとタエレアンは音楽隊の授業と塾。
あいている時間にチビ2人が家事の役割分担をこなす。
私がいなくても,自分のことは自分でできるようになってきた。

18:00,またまた猛ダッシュで家へ。
超特急で夕飯の支度。
5人で協力するので早い早い。
クーがひたすらにんにくのみじん切りをする。
タエレアンがコショウを挽きまくる。
ソッパルが順々に洗い物を片付ける。
マーリッは私の動きを先読みして助けてくれる素晴らしいアシスタント。

出来上がったら私はすぐに学校へ。

19:00から日本語教室。

これは先月から生活費を稼ぐために始めた。
週に10キロの米を食べつくす育ち盛りが4人。
ボランティアばかりしてるわけにはいかない。
何とか少しでも収入を得なければ…
と始めてはみたが。

19:00~20:00 初心者コース
20:00~21:00 日本語を勉強したことがある人コース
対象は一般人。
計30名ほどの生徒。
のうち,月謝をちゃんと払えるのは2~3人だけ。
ということがこの一ヶ月でわかった。
宣伝のチラシには “月~金まで週5日 月10$”
と,しっかり明記しておいたのだけれども。
日がたつにつれて生徒たちのバックグラウンドが見えてくる。
意欲に燃える生徒たち。
払えないなら勉強させない とは言えない。

結局これもほぼボランティアになってしまった。
 
初心者コースには我が家の4人の子どもたちと4人のワット・ボーの先生も参加。

20:00子どもたちは先に帰る。
後半のクラスを教え,21:00過ぎ,大急ぎで帰宅。
子どもたちは私が帰るまでにそれぞれの役割分担を果たす。
水浴びも歯磨きも終え,蚊帳を張り,寝床を整えている。
私が帰ったら少しでも一緒に遊ぼうと,4人が一致団結している。

ギターや電子ピアノに合わせ,歌ったり太鼓をたたいたり。
トランプなんかのゲームもしたりするが。
音楽の方が好きみたい。
みんなで集まって,おしゃべりをして。
一日で一番しあわせなひととき。

22:00子どもたちが寝静まり,こっそり再び学校へ。
仕事が全く終わっていない。
1:00~2:00帰宅。
水浴びと制服の洗濯。
2:30~3:00頃には夢の中。

そしてあっという間に5:00am この世で一番大嫌いな目覚ましの音が聞こえる。
子どもたちの「オハヨゴジャイマッ」というかわいい笑顔にパワーをもらい。
また新しい一日がスタート。
スポンサーサイト
[ 2010/07/14 21:14 ] 日記 2010 | TB(0) | CM(2)
でざいん
いつも日記読ませてもらっています。
デザイン変わりましたね。
かわいいですねーe-78
これからも楽しみにしてます。
[ 2010/07/14 21:27 ] [ 編集 ]
ばんだーさんへ
そうなんです!
わたしのお友達がやってくれたんです!
ホームページも全部つくってくれて…
こんなすごいのができあがるとは思ってもいなかったので
めちゃくちゃ感激してます!
[ 2010/07/15 00:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。