1 Feb. 2007 (Thu.)

1 Feb. 2007 (Thu.)

スタディーツアー2日目。
7:00am Angkor Borei遺跡へ出発。
30分ほど走ると,舗装はなく,赤い砂利道になった。
さらに30分ほど行くと,でこぼこ道になった。
眠ることはできそうにない。
ウトウトすると,頭をぶつけ,舌をかんだから。
約2時間つづく。

同期が吐きそうになって,途中の小さな村で休憩。
村人が不信そうに遠目でこっちを見ている。

1人子どもが寄ってきた。
写真を撮った。
「見たい?」
と聞くと,カメラを覗き込んだ。
笑顔になった。
隠れていた子どもたちが,一気に現れた。
写真を撮る。
見せる。
「うわ~ッ!!!」という歓声がおこる。
また撮る。見せる。歓声。
撮る。見せる。歓声。
繰り返し,繰り返し。

名前を言って自己紹介。
言葉がうまく通じないことが悔しい。
たくさんの人と出会っても,色んな話ができない。
歌を教えてと頼んでみた。
リーダーっぽい12歳の女の子がうたい始めた。
みんなもつづく。
この少女は将来歌手になりたいそうだ。

Angkor Borei 到着。
Angkor Watよりも古い。
約7世紀のもの。
山の頂上にあるプノン・ダ。
レンガとラテライトで造られた大規模な祠堂。だったらしい。
ここにも戦争の傷跡が。
まだ観光地にはなっていない遺跡。
爆弾で吹き飛ばされた天井と,無数の弾痕が痛々しい。
夜,運転手サマンさんの一押しのクメール料理店へ。
彼のレベルの低いギャグは,クメール語ダメダメな私たちにとって最高に面白い。
彼のハチャメチャな英語も最高に面白い。
とにかく愉快な人。

ゲストハウスに戻ると,ボーリンさんがやってきた。
「トランプしようよ。」
女4人,私のベッドに集合。
ババ抜き大会。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 15:41 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL