スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

29 Dec. 2008 (Mon.)

今夜は眠れそうにない。
久しぶりの日記を書いてみる。

午後。
音楽隊の授業。
音楽室に行くとみんな静か。
プンルーとシナンが珍しく真顔。
「ネアックルー交通事故だ。」と言う。
「いつ?」「どこで?」
ここまではよくある会話だが。

「ロアッタナーが病院に運ばれた。」

血の気が引いていくのが自分でもわかった。

ロアッタナー。
2ヶ月ほど前のある日。
昼,午前の部が下校したばかり。
いつものように音楽室で仕事をしていた。
そこへ,6年生の男の子が一人ふらりと音楽室に入ってきた。
もう午後の部の子たちが来たのか。
「ネアックルー,ピアノ弾いていい?」
そう言って,授業で習った曲をスラスラと弾きだす。

音楽隊には入っていないが,この子はしっかり覚えている。
5年生のときからだ。
校内音楽発表会のとき。
ピアニカを演奏するみんなの前に,バケツと棒を持って立っていた。
みんなのリズムを合わせるために,大声を上げて指揮をとっていた。
6年生になってから。
担任が行っているピアニカの授業。
のぞきに行くと,一人だけ太鼓を叩いているロアッタナー。
「ほら,ピアニカ用意しなくっちゃ。
クムホーイ先生と一緒にピアニカ練習しようよ。」
そう,こっそり声を掛けると…
「オレ,もうできるもん。この曲は簡単すぎる。」
そんな答えが返ってくるとは思わずビックリしたことがあった。
ちょっぴりワルのにおいがする彼。
音楽隊に入りたいなんて言ったことはない。


ピアノに飽きたころ。
「ネアックルー,チャイヤム太鼓も叩いていい?」
「うん。」
このチャイヤム太鼓は,半年前に地元のお金持ちから寄付された。
が,誰も演奏できないため,音楽室に置いたままになっていた。
テレビで研究しても,なかなか教えられるほどにはならない。
チャイヤム太鼓の指導は半分諦めていた。

凄い!
リズムが完璧!ってだけじゃない。
私が叩いてもあんな凄い音は出なかった。
「ヘンな太鼓」って思ってたのに!
リズムにのって踊りながら叩く。
そして初めて見た彼のとびっきりの笑顔!!
「なんでこんなに上手なの!?」
「オレ,小さいときは田舎に住んでてね,
カンボジアの民族楽器を教えてくれるおじいちゃんが,すぐ近くにいたんだ。
うちの家族はみんな音楽大好きだから,毎日教えてもらいに行ってたんだ。」

その日から,彼は私のロックルー(師匠)になった。
何度も何度も一緒に叩いた。
休み時間も放課後も,一日に何度も彼が音楽室に現れるようになった。

音楽隊の指導をお願いしてみた。
「音楽隊でチャイヤムが演奏できるようになったら最高だなぁ~。
師匠が音楽隊に教えてくれると嬉しいんだけど…。」
「いいよ!いつから?」
「明日の9時。」

翌日,彼は7時前から学校に来ていた。
毎日必死で6名の子に太鼓を教えてくれた。
音楽隊の発表があるときには,必ず彼も一緒に参加するようになった。
少しずつ音楽隊の子どもたちとも馴染みはじめた。
「やっぱオレ,音楽好きだな~!」
そう言って見せる彼の笑顔が好きだった。


事故現場を見た子が詳細を話してくれた。
頭から血を流しているロアッタナーの姿…
この前見た事故現場の遺体が脳裏をよぎる。
教頭先生に事情を話し,一緒に病院に行くことになった。

教頭先生のモトの後ろ。
情けないけど震えがとまらない。

病院に着くと…
外のベンチにロアッタナーが座っている。
無事だ!!
「ロアッタナーッッ!!!」

ロアッタナーの隣には家の近所の子,バランが座っている。
2人でモトに乗っていたらしい。

血まみれのTシャツを着たままのロアッタナー。
縫いたての額には赤チンがぬられ,ガーゼが一枚あてられているだけ。
体中あちこちにある傷は消毒もされておらず,流れた血がこびりついていた。

バラン。
パンパンに腫れた膝を押さえて歯を食いしばっている。
治療は何もしていない。
膝の骨が折れていることが分かっているにも関わらず。
耳から流れている血は拭われてもいない。

ロアッタナーの保護者にあたる叔母らしい人は,警察に呼ばれて行ったらしい。

私と教頭先生を見て,医者が外に出てきた。
速攻質問した。

2人が外に座っているのはどういうわけか。
なぜ手当てをしないのか。

ベッドに寝るとお金がかかるから外で待たせている。
治療は済んだ。
という返答。

なんでッ!?
まだ血が出てるのに!
骨折してるのにほったらかしなんて!
頭を強く打ってるのに座らしておくなんて。
事故は1時過ぎ。
すでに3時間近く経っている。
怒りで鼓動が速くなるのを感じた。

医者は,相手が貧しいと薬をほとんど使わない。
というのはカンボジアでは誰も驚かないらしい。

「教頭先生,違う病院に連れて行こう。」

「ちぃ,もう保護者が来るはずだから大丈夫。
私たちはとりあえず学校に帰ろう。
一晩様子を見てから考えよう。」

あ,そうだ!授業中だった。

教頭先生にモトに乗せられ学校へ引き返す。

どんなに恐かったろう。
どんなに不安だろう。
ベンチに座った2人の姿が頭から離れない。

学校へ戻ると,音楽隊がジッと私の顔を見つめる。

「ロアッタナーは大丈夫。
頭を縫う大怪我をしたけど,きっとすぐに帰ってくるよ。」

ふぅ~とみんなため息。

「みんな,交通事故には本当に気をつけてね。
モトに乗るときも,自転車に乗るときも,歩いてるときも,いつだって。
もしもみんなに何かあったら,お父さんやお母さんを泣かせることになるんだよ…」
「うちはお父さんもお母さんもいないから誰も泣かないよ。」 という声が小さく聞こえた。

「ネアックルーが泣くからッ!!」
自分でもその大きな声に驚いた。

さっきまで我慢してた涙がこみ上げてきた。
教室がシーンとなった。

スライオーンがしゃくりあげて泣き出した。
教室中に涙が感染した。


みんな帰った学校。
2人のことがどうしても頭から離れない。
なにも手につかない。
頭を打っている。
骨折した足。
強く打った下腹部が黒いアザになって腫れていた。

病院に戻った。
が,2人の姿はもうなかった。
近所のバランの家に急ぐ。
が,ここにもバランの姿がない。
家の人たちはバランが事故にあったことも知らなかった。
担任に家に行ってもらうことになっていたのだが…。

きっとロアッタナーの家だ。
バランの兄が同行。
たった一人の兄弟。
両親のいないバラン。
2つ違いの兄が親がわりをしている。
「ちょっと足を打っただけだから大丈夫!心配ないよ。」
そんな私の言葉は彼の耳には届かない。
「何てことだ…」「どうしてこんなことに…」
独り言のように,モトの後ろでずっと呟いていた。

ロアッタナーの家には親戚らしい人がいっぱいいる。
事故の話を聞きに周りに人が集まる。
が,誰一人ロアッタナーの身体を気遣う人はいない。ように見える。

「とりあえず,もう一度病院へ行こう。
ちゃんとした病院で診てもらおう。
しっかり傷の手当をしてもらおう。」
みんなにそう提案してみる。
が,誰も頷かない。
話題になるのはお金のことばかり。
「ネアックルー,大丈夫だよ。
オレは痩せ過ぎだから,このくらいお腹が腫れてる方がいいんだ。」
そう言ってみんなを笑わせようとする。

決めた。
「代金は私が払うので今すぐ病院に連れて行きます。」

誰も返事をしなかった。

病院にはトゥクトゥクで行くことにした。
「トゥクトゥク!?モトでいいよ!トゥクトゥクは高いよ!」
ロアッタナーの叔母とバランの兄が言った。

聞こえないふりをした。
膝が折れてるのにどうやってモトに乗せる気なのか。

バランの兄とロアッタナーの叔母が一緒にトゥクトゥクに乗って,さっきとは違う病院へ向かった。


看護師が生年月日と年齢を尋ねる。

バラン,15歳。
ロアッタナー,「わからない。」と答える。
「生まれてすぐに母親が死んで,父親は病気でどこにいるかわからないから…
自分の誕生日を知らないんだ。
多分16とか17くらいだよ,きっと。」
笑顔でそう答える彼。

父親はすぐに再婚し,一人っ子のロアッタナーは親戚のところへ預けられた。
親戚をたらい回しにされ,何度も転校を繰り返した。らしい。
ときには2時間歩いて学校へ通った。
ときには学校に通わせてもらえなかった。らしい。

医者を待っている間。
甘えるように私の肩にもたれかかって色んな話をしてくれた。

それでも一生懸命気をつかう。
冗談を言って笑わそうとする。

バランにはロアッタナーのような人懐っこさがない。
近所に住んでいても,私とこんなに話をするのは初めて。
どう接していいかわからないらしい様子。
バランのベッドに腰掛けると,ズルズルと離れる。
もっと近くに寄ってやる。
またちょっとだけ離れる。
何度も繰り返して逃げ場がなくなった。
目が合って,恥ずかしそうに 「デヘヘ。」 と笑った。

「ロアッタナーはいいなぁ。音楽隊に入れて。」
バランは消えそうな声で呟いた。
でも,確かに聞こえた。

2人は一泊入院することにした。
病院からの帰りのモト。
バランの兄が言う。
「ネアックルー,僕を日本に連れて行ってくれませんか?
日本はどんな仕事でも給料がいい。
皿洗いでも,ゴミ拾いでも,なんでもやります。
ネアックルーに病院代を返したいんです。
貧乏なおばあちゃんと親戚たちを幸せにしたいんです。」

私は今まで,誰かのためにお金を稼いだことがあっただろうか。
やりたい仕事。好きな職。
自分が満足するために,目いっぱい働いてきた。
いつも自分,自分だ。


バランのおばあちゃんが言った。
「この子をネアックルーにあげる。」

ロアッタナーの叔母が言った。
「この子を日本に連れてって働かしてくれ。」

言葉が出なかった。
本人たちの前で放たれたこの言葉たち。
2人はどう感じているのだろう。
「あげる」って…モノじゃない!!
「働かせろ」って…まだ6年生じゃない!?
でもこの2人を攻めることができなかった。

おばあちゃんの物乞いでバラン兄弟は養われている。
ロアッタナーの叔母には片足のない旦那と小さな子どもが4人。

こみ上げてくる,この震えるほどの怒り。
一体どこへ向けるべきものなのか。


病院のベッドに腰掛け,ロアッタナーといっぱい話をした。

「ロアッタナーの将来の夢は何?」

「ミュージシャン。音楽が大好きなんだ。」



泣いても泣いても今夜は涙が止まらない。
スポンサーサイト
[ 2010/07/09 20:45 ] 日記 2008 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。