29 Mar. 2008 (Sat.)

はぁ~。嵐のような一週間が終わった。

なんて幸せな気分♪

今日の実習生修了式のパーティー。
午後の部の先生が午前に,午前の部の先生は午後にも出勤して準備をする。
私は授業の合間に,あちこち走り回る。

この日に向けて,音楽隊と先生方の演奏発表の練習を重ねてきた。
先生方有志18名。

2月から本格的に特訓を開始した,
新曲『サンタック・プコー・クロアン』。
今までの曲よりも難しい。
3部に分けてみたが…できるだろうか?と不安になった。
失敗はさせたくないと思った。
「やっぱり3部は難しいから2部で演奏しよう?」
そう,先生方に提案したことがあった。
同意するものとばかり思っていたのに。
速攻で却下。
「何言ってるの!もうちょっとじゃない!」
「頑張れば絶対できるって言ったのちいでしょ!」
「できるようになるから,大丈夫!!」
個人的に中古の電子ピアノを購入した先生が3人もいる。
お互い励まし合いながら,時間を作って練習していた。

発表前,みんな震えながら私の手を握ってくる。
子どもたちと同じ。
緊張で指先が氷のようだ。
「ミスは気にしない!楽しんでこよッ!!それが一番大事♪」
そうやって声を掛ける私が一番緊張していたかもしれない。
こんな緊張はいつ以来だろ。

演奏は完璧だった。
ミスはあった。
でもそんなのはどうでもよかった。
完璧だった。

先生方がこんなふうに一つになるなんて。
演奏が終わったあと,みんなが涙を流した。
会場にいた先生方や実習生たちからは割れんばかりの拍手。

校庭で行なわれた恒例の打ち上げパーティー。
みんなで抱き合った。
ただの校内での演奏。
だけど感動は無限だと思った。

こんなに努力したことも。
こんなに緊張したことも。
こんなに心を一つにしたことも。
そのときの感動の大きさを味わうことも。
みんな,こんな経験をできる子ども時代ではなかったんだ。

そんなことを考えながら,胸いっぱいな感じで家に向かった。

そう言えば…
明日は日曜日。
練習はあるんだろうか。
先生方に確認するのを忘れた。
昨日も今日も一日中練習していた。
大きな舞台を終えて。
一段落してほっとしてるところ。
口に出しては言わないけど…。
いいかげん,休みたいだろう。
明日の練習のことは話題に上らなかったし。
きっとないな。うん。

そんなことを考えているところへ,シヴォンから電話が。
「ちぃ,明日は練習何時から?」
「あ。明日練習あるんだ!?」
「えッ?もしかして,ちぃ疲れてる?休んだ方がいいかな?」
「いやいや,そういうことじゃなくて…。」

他の先生に電話してみた。
「ロアッター,明日は練習あるの?」
「は?いつも通りだよ。なんで?」
「今日,明日の確認するの忘れたし…みんな疲れてるし…
演奏も上手になったから,もう日曜は練習しないのかな~と思って。」
「何言ってるの!来週の木曜日も発表あるんだから。もっと練習しないと!
ちぃは褒めてくれたけど,みんな,失敗だらけで反省してるんだよ。」

疲れが一気にぶっ飛んだ。
みんなそんなふうに思っていたなんて。
知らなかった。

有志の18名だから,もちろん音楽が好きな人たちなんだけど。
いつもいつも 『さぁ,練習だぁ~!』 って張り切ってる私。
に気を遣ってる部分もあるのかな。
な~んて思ったりもしていた。
『休みたい』 と言い出せない雰囲気にしちゃったのかな。
とか勝手に反省したりもしていた。

でも違うってわかった。
『みんなで練習しなくちゃ』 って自分たちで考えてくれてたんだ。

ソロじゃないから,一人だけうまく演奏できても仕方ない。
みんなで作り上げるには,みんなで協力しなくちゃいけない。
それがカンボジアではなかなか難しい。
カンボジアの学校教育ではそういう場面がないから。
でも,知らぬ間に身に付いていた。

私に 『やらされてる』 んじゃない。
それを知れたことが何よりも嬉しい。

「明日は練習,いつも通りだって。」と,シヴォンに電話する。
「よかった!…ちぃ,あのね,ちぃに謝りたかったの。」
「何が?」
「今日発表の後ふてくされて。」
「あぁ。なんでだったの?」
「自分に怒ってたの。
あんなにいっぱい練習したのに,本番ではひどい演奏になっちゃって。
自分に腹が立って,腹が立って…しょうがなかったの。
悔しくて,今も帰ってすぐに一人で練習してたの。」
「何度も言ってるじゃない!
本番で上手くできたかどうかってことは重要じゃないよ。
これまでどんなふうに取り組んできたか。そっちの方が大事。
音楽を楽しむ。これが一番大事。
せっかくあんなに楽しく演奏できたのに。
ちょっと失敗したくらいで台無しにしたらもったいないよ。」
「でも,泣きたいくらい腹が立つの。
本当に…なんであんなへたくそな演奏をしちゃったんだろう。」
「失敗は次に活かせばいい。
明日みんなで反省会をして,もっといい演奏ができるように練習していこう。」

ベッドの中。

先生方一人ひとりの顔を思い浮かべる。

今,最高に幸せな気分。
スポンサーサイト
[ 2010/07/08 21:02 ] 日記 2008 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL