スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

29 Feb. 2008 (Fri.)

今日もスタディーツアー。
神奈川県立保健福祉大学の学生16名。
午前9時,ワット・ボーに到着。

スタディーツアーの対応はJOCVに全て任される。
『JOCV活動先訪問2時間~3時間』
という連絡をJICAから受け,あとはこちらで準備する。

強制送還前は,この対応が面倒で仕方なかった。
『スタディー』ツアーのくせに,
「カンボジアを見に来てやってる」的な態度が見え隠れする教員集団がイヤだった。
ろくに勉強せずにやってくる学生たちがイヤだった。
自分の活動に専念させてよ。
っていう気持ちがどこかにあった。
日本での3ヶ月が自分を大きく変えてくれた。

カンボジアのことを少しでも多くの人に伝えたいと思う。
上っ面だけじゃなく,この国の,本当のところを知ってほしいと思う。
自分が知っていることなんてほんの一部にすぎないけれど。
でも、自分がここで暮らし,肌で心で感じていること。
できる限り伝える努力をしよう。
最近はそう思う。

スタディーツアーのレシピ。

① 校長先生に挨拶 (15分)
② 会議室にて配属先の概要説明とJOCV活動紹介 (30分)
③ 校内見学 (20分)
④ JOCVの活動見学 (1コマ40分)
⑤ 質問タイム (30分~1時間)
⑥ 校長先生に挨拶 (15分)
⑦ 校長先生のアコーディオンを聴いて さようなら。

こちらが真剣に語れば語るほど,相手も真剣に聞いてくれる。
楽しい。

話している中で,今まで気付かなかったことが見えてきたりもする。
客観的に活動を振り返るいい機会でもある。

「私たちのサークルで,ピアニカの寄付を呼びかけてみます!
千草さんの任期中に送れるよう頑張るので,待っててください!」
「学校でカンボジアのことを伝えるワークショップみたいのを計画してみます!」
「ずっと迷っていたんですが…自分も協力隊の試験を受けようと思いました!」

そんなふうに言ってくれる学生たち。
同類の仲間が増えていくようで嬉しい。


夜。
スタディーツアーの学生たちの夕食会に呼ばれる。
今夜は大阪の学生たちも含めて60人はいる…。
恐怖の質問攻めタイム,アゲインか…。

本気の対話。
面白い。
形式だけの食事会じゃない。
用意してきた質問じゃない。
カンボジアのことを知りたい!って想いが伝わってくる。

ここの学生。
すごいと思った。
自分が学生の頃,こんなふうに考えたり行動したりできただろうか。
彼女たちの熱い瞳に心を打たれた。

途中,ボンドール先生から電話が。
「ちぃ!助けて!」

何事かと思ったら,通訳だった。

12月の,カンボジア教員日本研修の際のホームステイ先の家族。
ソッティア先生のホストファミリーがカンボジアに来ているらしい。
ボンドールとバッタンバンから会いに来たソッティア。
2人でホテルを訪れたらしいが。
「会話ができない!」と。

夕食会会場からモトでホテルへ向かう。

滝川市のご夫妻。
ご主人が,私のことを覚えてくれてた!
そう,国際交流のホームステイ説明会の講師で呼ばれたときに一度会っている。
一番前の席でとても熱心に話を聞いてくれてた男性がいた。
たしか,何度か挙手して質問をしていた人だ。

「自分の娘のようだ」と,ソッティアを温かい眼差しで見つめる二人。
たった3泊4日のホームステイで結ばれた強い絆。
彼女との出会いをきっかけにカンボジア訪問を決めたらしい。
彼女の育った国を,自分の目で見てみようと。
その想いを実行に移してくれたことがうれしい。
いろんなところで日本とカンボジアが繋がっているようでうれしい。

ツアーで5日間ぎっしり予定が詰まっているお二人。
何とかして,仕事を休んで来てくれたソッティアと一緒に過ごす時間をつくりたい。と。

昼や夜の予定のない時間に,2人がこの夫妻を市場などに案内することになった。
「ちぃも一緒に来て~」と泣きそうな顔で言うボンドール。
滝川から来てるとなると,身内のような気になる。
明日の昼休みは4人にお供させてもらうことに。

北海道からシェムリアップへは直行のチャーター便で来たらしい。
なんと6時間。
バスでプノンペンに行くより早い!

ご夫妻は2人とも滝川高校出身。
ローカルネタで盛り上がる。
北海道は寒いという話。
今年は雪が多い話。

北海道の匂いがする。


今夜は北海道の夢がみたいな…。
スポンサーサイト
[ 2010/07/08 20:48 ] 日記 2008 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。