スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

24 Feb. 2008 (Sun.)

長い一週間が終わって日曜日。
休日の生活パターン。

まず,6時前に子どもたちがやってくる。
最近は土曜の夜は玄関の鍵を開けて寝る。
「放っておいて寝ていよう」
なんて不可能だから。
永遠とドアを叩き続ける。
「ネアックル~~~ッ!!!」という叫び声が近所にこだまする。
一度ドアが壊れたこともある。
なので,鍵は寝室だけかけておく。
あとは勝手にやっていてもらう。
7時頃,寝室から出ると子どもたちが飛びついてくる。
一度,誰も来ていないことがあった。
不思議でたまらない。
なぜだ…??
と真剣に悩んでいる自分にハッとする。
ここは私の家。
誰もいなくて当たり前。

10時頃,先生方がやってくる。
ロアッ,ヒアン,シヴォン。
この3人の先生は,毎週必ず現れる。
3人とも,必ず両手いっぱいに何かを抱えてくる。
おやつや食事の材料。
2人が一直線にピアノに向かい,1人はキッチンへ。
私はピアノを教えたりつまみ食いしたり。
ピアノのある寝室とキッチンを行ったり来たり。

休憩に,できた料理をみんなで囲む。
クメールデザートつきの美味しいひと時。

午後,学校でピアニカ講習。
2時~19時まで。
15~20名ほどの先生が入れ代わり立ち代わりでやってくる。
夜,日中ピアニカ講習に参加できない先生方がうちへやってくる。
食事の支度を終えてから来る先生。
子どもを寝かしつけてから来る先生。

必ずみんな食べものを持ってくる。
大家さんがご飯を作ってくれたりもする。
よって,晩御飯は2~3回は食べるはめになる。
結果,体重は増える一方。
すると,「ちぃはどんどん美人になっていくね。」と褒められる。

22時過ぎ,みんな帰る。
ハンモックでボーっとする。
シャワーを浴びて目を覚ます。
意識のあるうちは溜まった仕事を片付ける。

子どもたちのお出迎えで目覚め,また月曜日が始まる。
スポンサーサイト
[ 2010/07/08 20:27 ] 日記 2008 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。