5 Dec. 2007 (Wed.)

秩父別小での講演終了。

準備になかなかてこずった。
私が日本の子どもたちに伝えたいことは何なんだ?
やっぱりこれが難しい。

世界の実状を知ってほしい。
日本とは大きく違うカンボジア教育の現状。
だけど…。

日本の子どもたちはこんなこともあんなこともできて…シアワセでしょ!
みたいのはイヤ。
違う違う。
そんなんじゃない。
カンボジアの人たちに対して同情してほしいわけじゃない。
可哀想だなんて思ってほしいわけじゃない。
ただ知ってほしいだけ。
同じ地球の上。
こんなふうに生きてる人たちもいるってことを。
そして考えてほしい。
本当の幸せってどういうことなのか。


子どもたち,かわいかった~。
低学年も高学年も,真剣に聞いてくれた。
っていうか,自分が楽しんだ。
心から楽しんだ。

秩父別小の校長先生や先生たち。
また素敵な人たちに出逢えた。



夜。
秩父別小での資料を元に,芦中での講演の準備。
教え子たちの懐かしい顔を思い出す。

あの子たちに伝えたいこと…。

これは明確だ!

世界に目を向けてほしいということ。
少しでも知って,感じて,自分で考えてほしいということ。

未来は可能性でいっぱいだということ。
「なりたい自分」になってほしいということ。
Seize the Day ということ。


ぴぴが「寝ようよ~」とだだをこねる。
誘惑しないで~。
スポンサーサイト
[ 2010/07/07 20:05 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL