スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

6 Aug. 2007 (Mon.)

今日からカンボジアでは高校入試。
ワット・ボーは試験会場になっているため3日間のお休み♪
と思いきや,先生方全員,教員養成校で勉強してくることになった。
ベルギーのBBOVによるワークショップ。
昨日,私も参加させてほしいと,教頭先生に無理やりお願いした。
先生方がどんな勉強をしてくるのか,どんな様子でワークショップに参加するのか見たくて…。
もちろん教頭先生には,「私も勉強したい!」と。

講師はベルギー人のWalter,40代後半の男性。
クメール語が話せないので,通訳をつけている。
2ヶ国語で説明を聞くことができてお得な気分。

今回のワークショップのテーマは『子どもの活動をメインにした授業』といったところか。

先生たちの熱心な参加ぶりには驚いた。
日当がBBOVから出るということで,渋々やってきた先生も数名いたが…。
でも,朝7時半から5時までの研修会,真剣に学び取ろうとする意欲が伝わってきた。

午後はお休みをもらった。
JICAからスタディーツアーのお手伝いを頼まれていたため。
日本の教員たち15名のカンボジア視察の旅。
ツアーの中に,ワット・ボー小学校も組まれていた。
が,残念ながら試験会場となっているため今日は立ち入り禁止。
かわりに,トロペアン小学校を視察することに。

ひどいでこぼこ道をマイクロバスで走る。
その道に「うわぁ~!」と驚く日本の先生方。
水瓶に貯まった雨水で,外で水浴びをしている人を見て驚く。
5人乗りのモトを見て驚く。
ハエのたかる屋台の料理を見て驚く。

久しぶりに日本人の感覚を思い出してちょっと新鮮。
日本に帰ったら,逆カルチャーショックになりそう。
スポンサーサイト
[ 2010/07/06 20:14 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。