スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

28 Jun. 2007 (Thu.)

今日で29歳になっちゃった。
朝から,子どもたちや先生方が私のオフィスへ。
以前,ちらりと教えたことのある『バースデー・ソング』を弾いてくれる。

シヴォン先生から,靴のプレゼント。
彼女が履いているのとお揃いのやつ。
彼女のお手紙は,ラブレターのよう。
「夫より愛してます。」って。
照れちゃうわ~。

誕生日だと知らなかった先生たちは…
「なんで教えてくれなかったのッ!!」と,本気で怒る。
「ちぃは,私のことが好きじゃないんでしょ。だから誕生日を教えてくれなかったんでしょ。」
と,いじける先生も。
わずかな給料。
プレゼントなんかに使ってほしくなかった。
ので,言わなかった。
けど,結局はいっしょ。
昼すぎ,何人もの先生が小さな包みを届けてくれる。

16時。トゥオンやスィーヤン,ヨーンたちから電話。
「ネアックルーの誕生日をお祝いしようと思って,みんなでこっそり養成校に集まったんだ。
でも,雨がひどくてWat Boに行けそうもない……。」
一昨日会ったときは,誕生日のことは言っていない。
2月,Wat Boに来たばかりの頃,自己紹介した際に,誕生日を質問された。
それを覚えていてくれたんだ!

今日は,養成校はお休みの日。
この大雨の中,10キロはある家から出てきてくれた…。
あまりにも申し訳なく,私が養成校まで会いに行くことにした。
今日は雨のため体育がない。のでちょうどいい。
カッパを着て,トゥーアンがモトでお迎えにきてくれた。
養成校の校門の軒下で,みんなが『バースデー・ソング』を歌ってくれる。
しあわせだなぁ~。

16時半。一瞬,雨が上がった。
「ネアックルー,チャンスだ!」
「まだアンコールワットが開いてる!」
「トゥーアンのモトで行けば間に合う!」
「私たちここで待ってるから,二人で行ってきて!」
空は真っ黒。
嫌な予感がした。
が,前回,中まで連れて行けなかったことを,とても悔やんでいる学生たち。
の優しさに応えることにした。

トゥーアンがモトをかっ飛ばす。
今日も猛ダッシュ。
一目散で外堀の橋を越えた。
そして再び大雨。
予感的中。
まるで滝。
パンツまでベッチャリ。
制服が重い。
トゥーアンと目が合って,思わず爆笑。

観光客はみんな引き返してくる。
その中を,大笑いしながら逆走する。

結局…雨の日は,階段が滑って危険。
ということで,またしても登頂を断念。

「ソムトー,ネアックル~…。」と,ひたすら謝るトゥーアン。
ここまでくると,『がっかり』は完全に通り越して,めちゃくちゃ笑える。

ま。
建物に入ることができたし,さらに前進した。
ということにしよう。
嵐の中のアンコールワットもかっこいい♪
誕生日に最高の思い出ができた。

今夜は,幼稚園の担任の先生のボンに呼ばれている。
18時に,シヴォン先生が養成校の前でピックアップしてくれることになっている。

雨がちょっとだけ小降りになって,急いで養成校へ戻る。

スィーヤン,ヨーンとはこれでお別れ。

雨の中,私を抱きしめて離さない2人。

きっとまた逢える。
そんな気がする。

「こんな天気の中,アンコールワットに行くなんて…何を考えているのッ!?」
迎えに来たシヴォン先生。
私の姿を見て呆れ顔。
私にカッパを着せながらガミガミ。
「今更カッパを着ても遅いと思うけど…。」
「黙って着なさいッ!!」
出発してからも,延々と続くお説教。
「チャー,チャー。」って,適当に返事をしとく。
「ちぃッ!全然聞いてないでしょッ!」と,さらに叱られる。

カンボジアで,寒いと感じたのはこれが初めて。
この感じ。懐かしい♪

モトで向かう途中,両親から電話が。
国境を越えて,電話越しの『バースデー・ソング』。

「家族が恋しいでしょ?」と,心配するシヴォン先生。
以前,彼女に誕生日の写真を見せたことがあった。
「私がちぃのお母さんみたいに,ケーキを作ってあげれたらいいのにね…。
このボーボー(お粥)にろうそく立てようか?」

帰りのモト中,テイロアッ先生から電話。
帰りに寄ってって。
家に行くと…「ハッピーバースディ!」とハグ☆
そして,クメールの布でできたお財布をプレゼントしてくれた。

20時半帰宅。
ようやく,ずぶ濡れの制服を脱ぐことができた。
そこへ…「ネアックルー!ハッピバースディッ!!」と言って現れたのは…
モム,ホーイ,ピーヴォアッ。夕方会えなかった実習生たちだ。
真っ暗の雨の中,10km以上の道を,知り合いのモトを借りて3人乗りでやってきた。
トゥーアンもチャリで駆けつけた。
そして…『ちぐさ』 と,クメール文字で名前が入っている大きなケーキ…。

思わず涙が。
みんなの気持ちが本当に嬉しい。

「全ての人が,私と同じくらいシアワセを感じられる世界になりますように・・・。」
そう願いを込めて,ろうそくを吹き消した。

今日はなかなか素敵な一日だった。
みんなの『想い』が,最高のプレゼント。
29歳かぁ。


ちょっと考えてみた。

29年間で,いちばん良かったときっていつだったかな。

朝から晩まで外で遊びまくり,何不自由ない子ども時代。
両親に守られ,いっぱいの愛情をうけて育った日々。あの頃がいちばんシアワセだった。

学校に上がって,多くの友人に出逢い,今の自分を形成した知識たちを学んだ。
願いは全て叶うと思っていた。あの頃がいちばんシアワセだった。

カナダ。初めての海外での生活。見るもの全てが新鮮で,毎日新しい発見をした。
語学を身に付け国籍の違う人たちと語り,様々な価値観と出逢った。あの頃がいちばんシアワセだった。

教師としての4年間。子どもたちと真剣に向き合った全力投球の日々。
子どもから学び,尊敬する人たちに学び,失敗なんて恐れずに突っ走った。
いつも支えてくれる温かい人たちの存在を強く感じた。あの頃がいちばんシアワセだった。

カンボジアという国で生きている今。
今がいちばんシアワセ。


後悔のない人生は難しい。
もっと,こうすればよかった。
ああすればよかった。って。
失敗だらけ,後悔だらけの29年だけれど。
必死に生きている中での後悔は,大したものじゃない。気がする。
そこから再スタートできるから。


『今』を大切に。
SEIZE the DAY !!
Make your lives Extraordinary !!

大好きな言葉たち。
これからも自分に言い聞かせて生きていく。

生まれてきたことに感謝。

いつも 『今が最高!』って思える29年間に感謝。

私を生んでくれた両親に,心から感謝。
スポンサーサイト
[ 2010/07/05 20:27 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。