スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

22 Jun. 2007 (Fri.)

朝。
どしゃぶり。
洪水の中の出勤。
膝まで水がある。
自転車が進まない。
泳いだ方が速いんじゃねぇ?って感じ。

12時。
猛ダッシュで着替え,リュックに荷物を突っ込んで,モトでバス乗り場へ。
12時半。
校長先生と2人の子どもと一緒にPPへ出発。
校長先生が気を利かして,一番前の席をとってくれた。
3方をガラスで囲まれ暑い…。
が,眺めは最高。

シェムとは違って,田舎のカンボジアの景色が続く。
椰子の木。
バナナや椰子の葉でできた高床式の家たち。
痩せこけた白い牛たちの群れ。
馬車で荷物を運ぶ労働者。
カンボジアならではの眺め。

勉強しようと思っていたのに…
知らないうちに大爆睡。

18時半。
PP到着。
校長先生たちに別れを告げ,とりあえずドミへ。

今回は19‐1次隊,新隊員が10名もいる。らしい。
ちなみに,前回の18‐3次隊4名にもまだ会っていない。

ドミの前に着くと,中からにぎやかな声が聞こえる。
扉を開けると…
チョービー師匠ッッ!!
私を出迎えるためにドミに来てくれていたらしい。
半年振りの再会!!
とりあえず抱き合う☆
私たちのはしゃぎっぷりに,新隊員たちが呆然。
気にせず,さらにはしゃぐ。

家族は,今回,一緒に来られなかったようだ。
チョービーの2人の子ども,ロッタナ,ワッタナ。
いつも私のことをチョービーに聞くらしい。
折り紙で作ったピカチュウの指人形を,今でも大事に飾っていると。
出発前にプレゼントしたアルバムは,家族の宝物だと。

気付けば,会話は全てクメール語だった。
訓練所にいたときは,半分以上が英語だった。
「さすが千草だ!」
チョービーに褒められると,最高に嬉しい!

明日,お昼にまた会う約束をして帰っていった。

10名の新隊員は元気がいい。
現職参加の小学校隊員が多い。
根掘り葉掘り聞きたがる。
きっと不安なんだろう。
任地に入る前に,先入観を持ってほしくはない。
自分の目で見て判断してほしい。
人によって何もかもが違うはず。
ので,簡単に話して退散。
今回は,ドミではなく,同期隊員の家に泊めてもらうことにした。
スポンサーサイト
[ 2010/07/05 20:18 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。