スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

15 Jun. 2007 (Fri.)

放課後,先生方と一緒にシーナー先生のボンへ。
それぞれ10,000リエルほど寄付し,ボンを助ける。
そしてボーボーをたらふく食べる。
おしゃべりをして,ほんのちょっとお経を聞いておしまい。

シヴォン先生のモトで送ってもらう。
その帰り道,すぐ近くのワニ園に連れて行ってくれた。

生まれて初めて見る大量のワニ。
大抵の哺乳類,爬虫類は好きだけど。
ワニってかわいくない!ッて思った。
1.5~2m下にずらりと並ぶ。
みんな寝ている。
でっかい口をあけて,あほズラをぶっこいて大爆睡。
たまに,のそのそ動いてみたりもするけれど。

ぎゃーぎゃーうるさい私たちに驚いて,一斉に水の中へダイビングしたときにはぶったまげた。
そして,水の中から,目だけギラギラ光っている。
喜ぶ私を見て,喜ぶシヴォン先生。
を見て,さらに嬉しくなる。

シヴォン先生は苦労が多い。
旦那が最悪。らしい。
彼女はあまりそのことを話さない。
ので,私も聞かない。
が,他の先生方がこっそり教えてくれる。

給料の殆どを,遊びに使う。
なので,家計は大変。
シヴォン先生の作るご飯がマズイと言って,外に出かける。
女遊びをして帰らない。
子どもが病気のときも,相変わらず。
以前はしょっちゅう泣いていたらしい。

こんなに素敵な人が,なんでそんな苦労をしなくちゃいけないのッ!?
せめて,私といるときだけでも笑っていてほしい。
スポンサーサイト
[ 2010/07/05 20:13 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。