スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

13 May. 2007 (Sun.)

目覚めたのは6時半。
今日から4連休♪
久しぶりの朝寝坊。
大家さんがまたしてもボーボーを届けてくれる。
再び寝室へ。

ゴロゴロして7時半。
まだ熱は下がっていないようだし,頭痛も残っている。
午前は一人のんびり過ごそう。
おっと。人が来る前に玄関の鍵を閉めにいかなくちゃッ!と飛び起きた。
が,手遅れだった。
寝室を出てびっくり!
ヴィッチカーが,キッチンに立っている!
「ネアックルーッ!1人で淋しかったでしょ?」と,いきなりハグ。
「早起きして家の仕事片付けてきたから,お昼までずっといられるよ。
 人が来たら追い払ってあげるから,ネアックルーは休んでて?」
と,飛びっきりの笑顔を見せる。かわいいッ!!
ので,午前はヴィッチカーにピアノを教えてあげることにした。

午後。シヴォン先生が,ソムロー・マッチュー・ジュゥオンとボンアエムを作って現れる。
この連休もピアノを教える約束をしていた。
ピアノの用意をしようとすると,
「今日はピアノ教えてもらいに来たわけじゃないの!!」とシヴォン先生。
「チィは,働きすぎなんだから。
しかも私がピアノ教えてほしいと言ったから…さらに忙しくさせちゃった…」
そう,申し訳なさそうに言って,どんどん料理を運んでくる。

夕方,ピーヴォアッも現れた。
誰から聞いたのか,「ネアックルーが倒れたって聞いてびっくりしたの!」と。
「これから,夜の私たちのピアノ練習はナシにしてね。」

みんなに 『ソムトー』 と言わせて情けない。
自分がしたくてしてきただけなのに。

夜は,またまたしても大家さんのボーボー。
スポンサーサイト
[ 2010/07/04 21:15 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。