18.Jan. 2007 (Thu.)

朝6:00am起床。
起きると,汗でカラダがべとべとなのでとりあえず水シャワー。
6:50am サッ が迎えに来た。
近くのハーンでクイッティオ。
朝食は家族揃うことはない。
それぞれ勝手に外で食べるのが基本。
サッは,私を朝食に連れて行く係りらしい。
英語も話せるが,ほとんどがクメール語。
まじめに働く気がないらしい。
とりあえず,まだ学生で英語の勉強をしてるらしい。

7:45am サンボーに見送られてモトで登校。
昼。 帰りが困った!!
ステイ先の住所は知ってるけど…モトの運転手は住所なんて知らない。
大抵「~の近くへ。」って言うのだけれど…近くに大した目印なかったし。
ドミから近いので,とりあえずそっちの方に行ってもらうことにした。
1,000Rで交渉成立。
ドミからステイ先への道は,なんとなく覚えている程度。
右とか左とか言っていたら,運転手が文句を言い出した。
遠くなったから2,000Rだと。
道もよくわからなくなったので,そこで降りて1,500Rにしてもらった。
地図を見ながら何とか帰宅。
迷子になった話をしたら,みんな大笑い。
「オーロー病院の近く」って言いなさいって。
サンボーもサッもお母さんも,一生懸命紙に書いて説明してくれた。

夕方,Pepがそうめんらしきものを作ってくれた。カレー風味のノンバンチョッ。
「ちぃに食べさそうと思って買ってきたの」って。かわいい♪
晩ご飯かと思ったら…別腹だった。
今夜のおかずは…名前忘れちゃった。ほんと,覚えられない。
全くお腹がすく暇がない。
家にいると一日中フルーツを食べさせられる。
せっかくだから,残さず食べる努力はしている。
両親と長男,長女,親戚の男の子,サンボーと7人で食事。
お父さんが教育について語りだした。
まずはクメール語で,その後英語で。
長男,長女はさっさと席を立つ。
お母さんも興味ないといった感じ。

お父さんが怒った!
「これだからカンボジア人はダメなんだ!ちぃを見なさい!箸まで止めて一生懸命聞こうとしてる。学ぼうとする日本人と,全く学ぼうとしないカンボジア人。これが一番の違いなんだ!!
 今のクメール人はアンコールワットなんか造れない!!! 
自分がどんなにカンボジアの発展と教育について考えているか…家族は理解できないだろう。」

等々。

しばらく英語とクメール語で話が続いた。
お母さんも言い返した。
早すぎて全く聞き取れないが,
「自分はちゃんと理解している。」
というようなことを言っていたみたい。

「ちい,日曜日,朝から教育のシステムについて話し合おう。」
とお父さんから予約が入った。
熱い人だな。

世界に目が向いてる人は,やっぱりでっかく見える。

日曜日が楽しみ。



明日はお母さんの誕生日。

芦別にいた5年間,一緒にお祝いしてきた。
今年は2人でお祝いするのかな。

明日は絶対メールしよう。
スポンサーサイト
[ 2010/07/01 16:58 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL