20 Dec. 2007 (Thu.)

今日は朝から職員会議の日。
昨夜,日本の映像を編集した。
芦中の映像や秩父小のビデオ。

「日本の学校はやっぱりきれいだ!」
と校長先生は大絶賛。

いつでもどこでも,子どもたちに会うと
「ほら,ゴミを拾いなさい!」と言う校長先生。
「子どもたちは,自分の顔を見ると慌ててゴミを探すようになってしまった…。」
と苦笑い。


芦中3‐Cの合唱には会議室がシ~ンとなった。
終わると拍手大喝采!!

日本の子どもたちの想い。
国境を越えて伝わる感動。
音楽のもつ力はすごい。
スポンサーサイト
[ 2010/07/07 20:18 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)

19 Dec. 2007 (Wed.)

放課後は毎日校長先生につかまる。
私のいない3ヶ月の間,どんなことをしてきたか。
新しいプロジェクターとスクリーンを使って。
映像を交えながら全てを説明してくれる。

明日の職員会議。
「ちぃが日本でのことを話してくれ。」と。
午前1時間半,午後も1時間半を当てられることになった。
やばい。
校長先生に負けちゃいられん。
映像を整理しなくては!
[ 2010/07/07 20:16 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)

14 Dec. 2007 (Fri.)

朝5時半。
「ねあっくるぅ~~~ッ!!」
子どもたちのお出迎えでまぶたをこじ開ける。
授業は月曜からということになっていたが,そんなことは子どもたちには関係ない。
とにかく,自分たちの3ヶ月の練習の成果を見てほしいらしい。
教えた曲は何一つ忘れていない。
キラキラとした瞳に心が満たされる。
とにかく嬉しい。

一方,便利な生活に慣れるのは早いもので・・・
逆バージョンとなるとそうはいかない。

水道からは茶色い水が出る。
突然起こる停電や断水。
大分慣れてへっちゃらになっていた巨大なゴキブリやクモに,いちいちビビる。
入院当初,身体に何か触れると「ハッ!」としていた。
蚊にやられる!という条件反射。
すっかりにぶくなって,もう早蚊の餌食に。
家の中の家具は砂埃をかぶって全て真っ茶色

なにもかもが振り出しに戻ってしまった感じ。

洗濯はとりあえず大家さんがしてくれることになった。
食事も毎日大家さんや先生方が作ってきてくれることになった。

20リットル入りの容器に入っている飲料水。
小さな容器に移し替えることは,片手ではムリ。
自転車もムリ。
拭き掃除もムリ。
蚊帳も張れない。
裏の重い扉も開けられない。

分かっていたことだけど…。
何からかにまで大家さんや先生方の手を借りることになる。
今まで以上に大変な思いをさせることになる。

それなのに。

帰ってきたことを本当に喜んでくれる。

この感謝の気持ちを伝えたい!!
[ 2010/07/07 20:16 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)

13 Dec. 2007 (Thu.)

帰ってきた!
道中,何十回も先生方や子どもたちからの電話が鳴る。
朝8時,「今出たところだよ。」と言ったのに。
8時半には「今どこ?」と電話が来る。
6時間。
15分に1回は電話が鳴って,同乗者のみなさんも呆れ顔。

コンポン・トムの休憩所。
子どもたちがおやつを買ってくれと周りに集まってくる。
差し出された大きなバケツには,タランチュラのから揚げの山。
あぁ…帰ってきたんだ。

2時半,校門前に到着。
車から降りると,ティロアッ先生が抱きついてきた。
しゃくりあげて離れない。
校門をくぐると・・・
なんと,子どもたちが1人1本花を片手に整列して待っている!
そして,シヴォン先生の「ムォイ,ピー,バイ!」という合図で音楽隊の演奏が!!
アラッピヤ,ダエンダイ・クマエ,教えたばかりだったオップオーサートーまで…
泣き虫のダーリンは泣きながら演奏している。
授業中のはずだが,そんなことはおかまいなくみんなが集まってくる。
「ネアックルーちいッ!!」
四方八方から声をかけられる。

私のオフィス。
ドアの上に新しい表札がついている。
『ボランティアの部屋』
ドアを開けると風船が流れてきた。
子どもたちがきれいに掃除して,飾り付けしてくれていた。
調整員が校長先生と話す。
・しばらくは以前のようには働かない。
・体育は4月までは禁止。
そんなことが決められてしまった。
校長先生は,
「もちろん,しばらくのんびりしてくれ。」
と満面の笑み。

5時。
とりあえず荷物を置きに家に向かう。

ゲートをくぐると,大家さんが涙目で抱きついてきた!
そして家に上がる階段・・・。
これには度肝を抜かれた。
木とコンクリーのいい感じにボロボロの階段が・・・ない!
全て作り変えられ,ピンクと水色と白のピカピカになっている・・・。
どんなにお金がかかったか。

「あの古い階段で怪我でもしたら大変だからね。
ちいが帰ってくる前に間に合って良かった。」
と大家さん。

「まずは休みなさい。」
と言って,すぐにピカピカのピンクのシーツをベッドにかけてくれた。

大家さんの優しさは,いつもピカピカのピンク。
[ 2010/07/07 20:15 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)

12 Dec. 2007 (Wed.)

JICA事務所で挨拶まわり。
所長やら調整員やら。
「ご迷惑おかけしました…」
お説教も覚悟していたのに,みんな心配してくれていた。
「アイアン・アームの調子はどうだい?」
「鉄腕復活かッ!」
JICAでの私の呼び名は鉄腕アトム,もしくはウランちゃん。
調整員が命名してくれた。

夕方ドミに戻ると,ものすごい賑わっている。
プノンペン隊員がほぼ全員集合している。
「お帰りちぃちゃん!!!」と,みんなに取り囲まれた。
手作りの日本料理で歓迎会。
健康管理員からはビールとワインと日本酒の差し入れ。

初めて会う隊員が何人もいる。
カンボジアに来てかなりストレスの溜まっている人もいる。
話してすっきりするなら…と思ってとことん付き合う。
結局今夜も3時まで。

明日は調整員とサムナンさんがJICA号でシェムまで送ってくれる。
やっと帰れる!
[ 2010/07/07 20:13 ] 日記 2007 | TB(0) | CM(0)